阪神ロサリオ 邪飛捕れず…直後に能見が被弾 3、4月の月間負け越し決定

[ 2018年4月30日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神2―5広島 ( 2018年4月29日    マツダ )

<広・神>6回1死、ロサリオはバティスタのファウルフライを追うも捕れず
Photo By スポニチ

 阪神は29日、広島戦(マツダ)に2―5で敗れて2戦連続逆転負けとなり、借金は今季ワースト2。10勝12敗となり1試合を残して3、4月の月間負け越しも決まった。

 左翼席へと伸びていく打球を呆然と見つめるしかなかった。2―2の6回1死、それまでまずまずの投球を見せていた能見がバティスタに痛恨の一発を被弾。同点に追いついた直後の失点。しかもミスが出た直後の勝ち越し点献上に、なんとも言えない雰囲気が阪神ベンチを包んだ。

 信じられないことが起きるのは鬼門とされるマツダスタジアムだからか。バティスタに被弾した打席。2ストライク2ボールから一塁フェンス際へ上がったファウルグラウンドへの飛球に対し、一塁手のロサリオは落下点に入っていた。だが、太陽が目に入ったのか、フェンスが気になったのか、打球はグラブの横を通りグラウンドに落ちた。失策は記録されず、ベテラン左腕も表情を変えることはなかったが、フルカウントから痛打された。

 「ボールを見失ってしまった。チームに申し訳ないです。次から頑張ります」

 直前の6回の攻撃では一時、同点となる中犠飛を放っていたが、すべてが水の泡となる失態に、助っ人も猛省するしかなかった。

 金本監督も試合後は険しい表情。「(ロサリオの拙守は)難しいところではあるけど、(守備)範囲という点ではね。ちょっとピッチャーもガクッときたとは思うけど…」と話した一方で「そこをカバーという点ではね。抑えてほしかったけどね。長打だけ警戒しないといけないところで」と能見にも高みを求めた。さらに、1点リードした5回に菊池に許した2点打についても言及。「あれぐらい投げてくれたら十分かなとは思いますけど。ただ、あの菊池の逆球だけだわね。インサイドに投げきれなかった」と、直球が真ん中高めに入った失投を指摘した。

 7回には2番手の石崎が1死から投手の大瀬良に四球を与え続く田中に2ランを被弾。28日の第1戦でも小野がジョンソンへの四球をきっかけに鈴木に満塁弾を許しただけに「昨日と同じパターンですわね。ピッチャーに四球を出してホームラン」と首をひねった。

 同じ過ちを繰り返しての連敗で、首位広島とのゲーム差は5に広がった。シーズン序盤とはいえ、やられっぱなしでは甲子園に帰れない。今日こそ、締まった試合で鯉を料理したい。(山添 晴治)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月30日のニュース