筒香 10回V弾 大和の気迫ヘッスラに「感じるものあった」

[ 2018年4月30日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA4―2中日 ( 2018年4月29日    ナゴヤD )

<中・D>10回無死二塁、筒香は右中間に決勝2ランを放つ
Photo By スポニチ

 DeNA・筒香は燃えていた。2―2の延長10回。先頭の大和は自打球のためベンチで治療を受けたが、直後に遊撃へのゴロで一塁にヘッドスライディングし、内野安打にした。その気迫に、筒香は「大和さんのプレーを見て感じるものがあった」と振り返る。

 無死一塁で打席へ。3球目が暴投になり、一塁走者の大和は二塁に進んだ。何としても生還させたい。3ボール1ストライクからストライクゾーンに入ってきたフォークを見逃さなかった。低い弾道で右中間最前列に飛び込む決勝の6号2ラン。前日の決勝3点二塁打に続く連日の殊勲打に「(外野の)間は抜けると思った。勝ちにつながる一打はうれしい」と頬を緩めた。

 2月の春季キャンプから、両膝を曲げずにグリップの位置を下げる新フォームに取り組んだ。「今のままで良いという考えはない。変わらないと現状維持でしかない」。結果を残していても現状に甘んじない。オープン戦の途中からは、膝を曲げて少しスタンスを広げる形にマイナーチェンジして、開幕を迎えた。リーグ2位タイの6本塁打、同2位タイの20打点をマークしている。それでも「これからも変わっていくかもしれない」と、常に理想の打撃を追い求めている。

 30日は横浜高の先輩で憧れの存在だった松坂との初対戦が実現する。この日の試合前にあいさつを済ませ、「凄く楽しみ。いい勝負ができれば」。心身ともに充実した状態で夢見た対決に臨む。(重光 晋太郎)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月30日のニュース