平野 6戦連続無失点で2勝目 歴史的快進撃ダ軍の一翼担う

[ 2018年4月30日 05:30 ]

ナ・リーグ   ダイヤモンドバックス4―3ナショナルズ ( 2018年4月28日    ワシントン )

<ナショナルズ・ダイヤモンドバックス>9回を3者凡退に抑え2勝目を挙げた平野(AP)
Photo By AP

 ダイヤモンドバックス・平野が同点の9回を完璧に抑え、2勝目をマークした。一発のある代打アダムズを投ゴロ、7番サンチェスを空振り三振とし、最後はセベリーノを中飛。延長10回に味方が勝ち越した。

 これで6試合連続無失点。ここ4試合は安打も許していない。トーリ・ロブロ監督は「それぞれがしっかり役割を果たしているから、チームとしてよく機能している」と目を細める。チームはナ・リーグでは、シーズン107勝を挙げた1907年カブス以来111年ぶりとなる、開幕から9カード連続勝ち越し。歴史的な快進撃の一翼を平野が担っている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月30日のニュース