ロッテドラ2藤岡裕 ZOZO王子だ 逆転V打!本拠で打率.351

[ 2018年4月30日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ6―5日本ハム ( 2018年4月29日    ZOZOマリン )

<ロ・日>6回2死一、二塁、藤岡裕は逆転の右翼線2点三塁打を放ち滑り込む
Photo By スポニチ

 鋭い読み。そして狙ったら逃さない。1点を追う6回2死一、二塁。ロッテのドラフト2位・藤岡裕は、日本ハム・西村との対戦で内角の直球を待った。

 「真っすぐに自信のある投手。(内角を)攻めてくると思った」。初球の149キロ直球は外角に外れた。2球目。内角に来た。150キロを迷いなく振り抜いた。一塁線を破ると、50メートル5秒9の快足を飛ばして三塁に達した。逆転の2点打だ。

 「強く振れば詰まったとしてもヒットになると思って振りました」。マリン男である。開幕以降、ZOZOマリン以外は45打数7安打の打率・156に対し、本拠地は37打数13安打の同・351。「応援が凄くて、モチベーションが上がる」。この日も大声援が降り注いだグラウンドでチーム単独トップの3度目のお立ち台に上がった。2度目の決勝打もチームトップタイだ。

 打ったのは苦手の内角だった。その内角を徹底的に攻められ、22日の西武戦後には打率は2割を切った。25日の楽天戦では2番から9番に降格。井口監督からは「インコースを打てる人はいない」と励まされ、鳥越ヘッド兼内野守備走塁コーチは「守りに入っている」と怒鳴ってくれた。一つ一つをかみしめたルーキーはバットを指2本分短く持ち、間を取るために捕手寄りに立ち、調子を上げた。

 前日から2番に戻した井口監督は「思い切り振れるようになった」と目を細めた。2試合連続マルチ安打。井口ロッテのキーマンは再び加速を始めた。 (福浦 健太郎)

 ▼ロッテ・大嶺翔(9番・DHで今季初先発し、プロ初の4安打)DHと書いてあったので、いたずらと思いました。(4安打に)帰り道は気をつけます。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月30日のニュース