ビシエド復帰後初安打がタイムリー 松坂初勝利へ初回から援護

[ 2018年4月30日 14:53 ]

セ・リーグ   中日―DeNA ( 2018年4月30日    ナゴヤD )

<中・D>初回裏1死三塁、ビシエドは中前適時打を放つ
Photo By スポニチ

 中日のビシエドが復帰後、初安打を放った。初回、1点を先制し、なおも1死三塁から右前適時打。「少しタイミングを外されたけど、コースに逆らわずに上手く打てたよ」と笑みを浮かべた。

 米国市民権取得のため、19日に渡米。27日に再来日した助っ人砲にとって復帰後、初のヒットが貴重なタイムリーとなった。

 さらに2死二塁から福田の右前適時打で3点目。「追い込まれていたので、必死に食らいついていきました」と移籍後、初勝利を目指す横浜高の先輩・松坂を援護した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月30日のニュース