ロッテ助かった コリジョンでセーフに 審判が自発的にリプレー検証

[ 2018年4月30日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ6―5日本ハム ( 2018年4月29日    ZOZOマリン )

<ロ・日>4回1死一、三塁、三木の一ゴロで三走・清田が本塁突入、タイミングはアウトもリプレー検証後にコリジョンルール適用でセーフとなる。捕手・清水
Photo By スポニチ

 3点リードされた4回1死一、三塁、一ゴロで本塁を突いたロッテ・清田は捕手・清水に走路をふさがれる形で一度はアウトと判定された。

 今季導入された「リクエスト」はコリジョンは適用外だが、審判が自発的にリプレー検証したことでコリジョンが適用され、判定はセーフに覆った。清田は「(捕手が)両膝をついていたので驚いた。ブロックがなくてもアウトのタイミングだった」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月30日のニュース