阿部 昭和の日によく打つ 代打殊勲打は6年ぶり

[ 2018年4月30日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人11―8ヤクルト ( 2018年4月29日    東京D )

<巨・ヤ>7回1死満塁、代打で登場した阿部が右前へ同点の2点打を放ち、一塁ベース上でVサイン
Photo By スポニチ

 代打の巨人・阿部が7回同点となる2点適時安打。前日までの阿部は代打出場のみで10度起用され7打数無安打。今季11打席目で初安打をマークした。

 昨年の阿部は代打で8度起用され5打数無安打。代打安打は15年5月23日中日戦の8回に左安打を放って以来3年(28打席)ぶりだ。また、阿部の代打殊勲安打は12年7月14日中日戦の逆転二塁打以来4本目になる。なお、阿部は「昭和の日」に通算43打数17安打(打率・395)、3本塁打、11打点とよく打っている。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月30日のニュース