西武・秋山勝ち越し打 一人親家庭の親子招待「見ててくれたかな」

[ 2018年4月30日 05:30 ]

パ・リーグ   西武16―4楽天 ( 2018年4月29日    メットライフD )

<西・楽>5回無死三塁、秋山が勝ち越しの中前適時打を放つ
Photo By スポニチ

 西武・秋山が2―2の5回無死三塁で勝ち越しの右前打を放った。

 2打席連続三振からの決勝打に「情けない2三振で…。ぶざまな打席にならないよう、何とか前に飛ばそうと思った」。辻監督からは「上からかぶせて打ってみろ」と助言され「実行できた。ありがたかった」と感謝。この日は秋山プレゼンツの企画として、入場者の小学生全員にグラブをプレゼント。さらに毎年恒例の「一人親家庭の親子」20組40人を招待し、試合前には自らグラブを手渡した。秋山は「“見ててくれたかな”と思った。力になった」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月30日のニュース