パドレス牧田 1回2被弾5失点と崩れる

[ 2018年4月30日 09:27 ]

ナ・リーグ   パドレス2―14メッツ ( 2018年4月29日    サンディエゴ )

パドレスの牧田 (AP)
Photo By AP

 パドレスの牧田和久投手(33)が29日(日本時間30日)のメッツ戦にリリーフ登板。1回を投げて2本の被本塁打を含む6安打5失点と崩れた。

 中1日の牧田は2―9とビハインドの8回から登板。先頭の4番・ブルースに右前打を許すと、続く5番・フレージャーに中越え2ランを被弾。1死から7番・レイエスにも右越えソロを浴びて3失点目。その後も四球と安打で2死一、三塁とピンチを迎えると、2番・コンフォートと3番・ニモに連続適時打を許した。

 8回を投げ切った牧田は球数38。登板2試合連続での失点となり、防御率も4・85から7・71にまで悪化した。試合はパドレスが2―14と大敗を喫し、27日からのメッツ3連戦を1勝2敗と負け越した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月30日のニュース