中日ドラ1鈴木博10戦目初失点 守護神・田島もつかまり4連敗

[ 2018年4月30日 05:30 ]

セ・リーグ   中日2―4DeNA ( 2018年4月29日    ナゴヤD )

<中・D>8回1死一、三塁、ロペスの左中間2点二塁打で同点にされガックリの鈴木博
Photo By スポニチ

 中日ドラフト1位・鈴木博が10試合目で初失点を喫した。2点リードで迎えた8回に神里、大和に連続四球を与え、1死一、三塁からロペスに同点二塁打を浴びた。

 「先頭から2人に四球を出したのがダメ。ボールも全然行ってなかった」と鈴木博。延長10回には守護神・田島が筒香に決勝2ランを浴び4連敗。開幕からのDeNA戦5連敗は球団ワースト。鈴木博は連続無失点を10試合に伸ばせばドラフト制後の新人タイ記録だったが「記録は別にどうでもいい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月30日のニュース