西武・山川 得点圏打率もダントツ.583

[ 2018年4月30日 06:12 ]

パ・リーグ   西武16―4楽天 ( 2018年4月29日    メットライフD )

<西・楽>5回、山川が11号2ランを放つ
Photo By スポニチ

 《23戦11発》西武・山川が11号本塁打を放つなど4打点。山川が本塁打を放った試合は今季9勝1敗で4月21日のロッテ戦から5連勝中。

 23戦11本塁打は年間68本ペースでプロ野球記録の13年バレンティン(ヤ=60本)以上、打点も33打点で年間205打点ペース、50年小鶴(松竹=161)を大きく上回っている。

 《得点圏打率は.583》山川の得点圏打率は.583で2位の森(西).480を引き離しダントツ。シーズン100打席以上の16年以降.216→.353→.583と年々上昇。勝負強さに磨きがかかる。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月30日のニュース