オリドラ1田嶋 12球団新人トップの3勝目!ソフトB、4発もすべてソロで及ばず…

[ 2018年4月30日 16:08 ]

パ・リーグ   オリックス6-5ソフトバンク ( 2018年4月30日    京セラD )

<オ・ソ>力投するオリックスの田嶋
Photo By スポニチ

 オリックスのドラフト1位ルーキー左腕・田嶋大樹投手(21)が30日、京セラDで行われたソフトバンク戦に先発し、3本塁打を浴びながら7回1/3、115球を投げ7安打4失点で、12球団の新人でトップとなる今季3勝目(1敗)をマークした。

 オリックスは初回に宗の1号先頭打者弾で先制。さらに2死満塁とし、T−岡田の右前2点タイムリーで加点した。3回にはT−岡田の 1号2ラン、6回にも若月のタイムリーで田嶋を援護した。

ソフトバンクは5回に甲斐の2号ソロ、6回には内川の1号ソロ、8回にも柳田の5号ソロ、9回にも城所の1号ソロで1点差まで迫ったが、及ばなかった。先発の中田は3回5失点で1敗目(2勝)。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月30日のニュース