巨人 坂本の4安打など16安打11点で6年ぶり8連勝 ヤクルト4連敗で単独最下位

[ 2018年4月30日 15:00 ]

セ・リーグ   巨人11―1ヤクルト ( 2018年4月30日    東京D )

<巨・ヤ>5回無死、ゲレーロは左中間にソロを放つ
Photo By スポニチ

 巨人は、坂本の4安打など16安打11得点の猛攻を見せ11―1でヤクルトに大勝。2012年5月以来6年ぶりの8連勝で貯金を3とした。

 2回1死二、三塁から小林の左前2点適時打で先制。3回には無死一、三塁からゲレーロの左前適時打、2死一、三塁から亀井の三塁強襲適時内野安打で2点を追加した。5回無死からはゲレーロの左越え6号ソロ、さらに無死満塁から小林が左中間2点適時二塁打するなど、この回打者一巡の猛攻で7点を挙げた。

 先発・野上は、丁寧にコースをつく投球で7回6安打1失点で3勝目(1敗)。25日に元モーニング娘。のメンバーで、夫人の石川梨華(33)が第一子となる男児を出産したことを発表しており、うれしい“パパ1勝”となった。

 ヤクルトは先発・館山が4回4失点で降板。2番手以降も乱調で、4連敗。中日が勝ったため、ヤクルトは単独最下位に転落した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月30日のニュース