ついに大山外した…代役の糸原 プロ初三塁先発も4の0

[ 2018年4月30日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神2―5広島 ( 2018年4月29日    マツダ )

<広・神>9回、糸原は二ゴロに倒れる
Photo By スポニチ

 開幕22試合目。阪神・大山の名前が先発メンバーから消えた。守備では貢献してきたが、打撃は期待されたものからは、ほど遠い現状に、金本監督も「そんなにポジションは与えるものではないというのもある」と悩んだ末の決断を説明した。

 1番に鳥谷を今季初めて起用し、植田を2番で今季初先発させた。大山が守っていた三塁には糸原をプロ2年目で初めて先発起用するなど昨季無傷の3勝を献上した広島先発の右腕・大瀬良に対し野手8人中、6人の左打者を並べるオーダーを組んだが、28日の11安打5得点から、ともに下回る6安打2得点に終わった。

 そんな中で、植田は自慢の足でアピールしたのが収穫だった。1点を追う6回、先頭で今季初安打となる遊撃内野安打。1死後、ロサリオの初球に今季初盗塁となる二盗に成功し相手捕手の悪送球も誘い三進。ロサリオの中犠飛で同点の生還を果たした。

 「とりあえず1本出て良かった。練習から低く、強い打球を打つことを意識している」

 一方で、糸原は4打席無安打に終わり大山の分まで活躍…とはいかず。それだけに、背番号3の復調は今後を考えても欠かせない。金本監督も「このままで終わるとは思ってないし。近いうちに修正してくると思っている」と期待を寄せる。試合前練習では室内での打ち込みも敢行し指揮官自ら直接指導したとみられる。低迷するチームの上昇には、勢いを呼べる大山の存在が、やはり必要だろう。(山本 浩之)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月30日のニュース