日体大 秋春連覇ならず 優勝争いは東海大と武蔵大に絞られる

[ 2018年4月30日 05:30 ]

首都大学野球   日体大5―3帝京大 ( 2018年4月29日    牛久運動公園 )

 日体大は帝京大を破り1勝1敗としたが、首位・東海大が筑波大に勝ったため、秋春連覇の可能性が消えた。

 ともにドラフト1位候補右腕の東妻(あづま)、松本航を擁し昨秋はリーグ戦と明治神宮大会を制したが、ここまで6勝5敗、勝ち点2の3位。古城隆利監督は「まだまだ成長段階のチーム」と話し、この日5回8安打3失点で勝利投手となった東妻は「力を出しきらないと優勝はできない」と語った。優勝争いは東海大と武蔵大の2校に絞られた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月30日のニュース