日本ハム・宮台 イースタンでプロ初勝利!5回3安打1失点と好投

[ 2018年4月30日 17:17 ]

 プロ初先発した日本ハムドラフト7位の東大出身左腕・宮台が、イースタン・リーグ、DeNA戦(平塚)で5回3安打1失点と好投し、プロ初勝利を挙げた。地元・神奈川で凱旋登板し、チームの5―2の勝利に貢献した左腕は「1失点で終われたのは良かった。生まれ育ったところで勝てたのはうれしく思う」と喜びを口にした。

 初回に1死一、三塁のピンチを招いたが、4番・細川を146キロ直球で空振り三振に取ると、さらに二盗を試みた一塁走者を挟殺プレーでアウトとして併殺で切り抜けた。2回も1死一塁から投ゴロ併殺。4回1死二、三塁から内野ゴロの間に1点を失ったが、最速147キロの直球とチェンジアップを武器に打たせて取る投球が光った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月30日のニュース