大谷、2試合連続で出場なし エンゼルスは4連敗

[ 2018年4月30日 12:08 ]

ア・リーグ   エンゼルス1―2ヤンキース ( 2018年4月29日    アナハイム )

ヤンキース戦の7回、ベンチで出番を待つエンゼルス・大谷。左はソーシア監督
Photo By 共同

 エンゼルスの大谷翔平(23)は29日(日本時間30日)、アナハイムで行われたヤンキース戦で2試合続けて先発メンバーを外れ、最後まで出場機会がなかった。チームは1―2で敗れ、ヤンキースに3連敗。26日のアストロズ戦からは4連敗となった。

 試合は4回、ヤンキースがサンチェスの7号2ランで先制。エンゼルスは6回に1点を返すも及ばなかった。大谷は7回にはベンチで代打の準備をしていたが、出場機会がないまま試合を終えた。ヤンキースは9連勝。

 27日のヤンキース戦で左足首を捻挫した影響で、大谷は5月1日(同2日午前11時7分開始)のオリオールズ戦で予定されていた次回登板を回避することが決まった。

 大谷はこの日、投手練習に参加し、負傷後初めてキャッチボールを約15分間、軽めに行い、その後はブルペンでシャドーピッチングで患部への影響を確認した。チームがオフの30日(同1日)にはブルペン入りする予定。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月30日のニュース