巨人・坂本 今季2度目の4安打で・369!リーグトップに躍り出る

[ 2018年4月30日 18:33 ]

セ・リーグ   巨人11―1ヤクルト ( 2018年4月30日    東京D )

<巨・ヤ>5回1死二、三塁、坂本は左翼線に2点適時二塁打を放つ
Photo By スポニチ

 巨人・坂本勇人内野手(29)が4打数4安打の固め打ち。チームの6年ぶりの8連勝に貢献した。自身は、25試合で103打数38安打、打率・369として、前日まで打率トップだった中日のアルモンテ、2位の巨人・小林を抜きリーグ首位打者に躍り出た。

 30日に東京ドームで行われたヤクルト戦6回戦に一番遊撃で先発出場。初回に中前打で出塁すると、3回無死から右中間二塁打、4回2死からは中前打。さらに5回1死二、三塁から左翼線2点適時二塁打したところで、代走の吉川大と交代した。坂本の1試合4安打は、3日の中日戦以来、今季2度目となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月30日のニュース