巨人・小林 攻守で8連勝けん引!4打点「9連勝、10連勝していきたい」

[ 2018年4月30日 16:29 ]

セ・リーグ   巨人11―1ヤクルト ( 2018年4月30日    東京D )

<巨・ヤ>5回無死満塁、小林は左中間に2点適時二塁打を放つ
Photo By スポニチ

 巨人・小林誠司捕手(28)が攻守でチームを引っ張り、チームの6年ぶりの8連勝に貢献した。

 30日に東京ドームで行われたヤクルト戦6回戦に先発出場。打っては、2回1死二、三塁から先制の左前2点適時打。5回無死満塁からは左中間2点適時二塁打するなど4打点の活躍を見せた。

 守っては、先発・野上を好リードでもり立て、3回2死一塁からは自慢の強肩で一走・坂口の盗塁を阻止。試合後のヒーローインタビューでは「チャンスで回してくれたので、何とか点を取ろうと頑張った。チームの雰囲気もいい。9連勝、10連勝していきたい」と意気込んでいた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月30日のニュース