ハム 逆転負けで連勝止まる 終盤の好機生かせず

[ 2018年4月30日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム5―6ロッテ ( 2018年4月29日    ZOZOマリン )

<ロ・日>初回2死二塁、アルシアの左前打で生還した二走・中田を出迎える栗山監督(中央)
Photo By スポニチ

 日本ハムは逆転負けを喫し、連勝は5でストップした。4番・中田の適時二塁打などで3回までに5点を奪ったが、逆転を許した直後の7回無死満塁、8回1死二塁の好機で無得点に終わったことが響いた。

 栗山監督は「いい流れでも試合に勝たないと意味がない。監督の責任」。主将の中田は「上(西武)が走っている。コツコツやっていくだけ」と前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月30日のニュース