ソフトバンク5位 涙の島袋 同僚も楽天3位「2人でプロに行きたかった」

[ 2014年10月23日 20:35 ]

 沖縄・興南高で甲子園大会の春夏連覇を果たした中大の島袋は、ソフトバンクからの5位指名に涙を流して喜んだ。肘痛や制球難に苦しみ、大学4年間の通算成績は12勝20敗。不安の中で提出したプロ志望届が実り「不調の悩みを吹き飛ばしてでも挑戦したいという思いが強かった」と吉報をかみしめた。

 楽天から3位指名された同僚の福田も島袋が苦労する姿を見ており「2人でプロに行きたかった」とこちらも涙。仲間に支えられて夢をかなえた島袋は「早くプロのマウンドで放れる自分をつくりたい」と恩返しの活躍を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月23日のニュース