ロッテ2位 京大・田中に東大出身の小林至氏「出身を重荷に感じず楽しんで」

[ 2014年10月23日 22:23 ]

 ロッテから2位指名を受けた田中は、入団すれば京大初のプロ野球選手となる。東大出身は過去5人いる。

 東大から1992年にドラフト8位でロッテに入団したソフトバンクの小林至球団統括本部副本部長は「出身を重荷に感じたりせず、それも含めて楽しんでやってほしい。いろんなバックグラウンドの選手がいるのはプロ野球にとっていい」とエールを送った。

 国立大からドラフト1位で指名された選手には、筑波大から97年にオリックス入りした杉本友投手がいる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月23日のニュース