ジ軍ブランコ 7年ぶりの先頭打者本塁打、158キロはじき返す

[ 2014年10月23日 11:01 ]

ワールドシリーズ第2戦の1回、右越えに先頭打者本塁打を放つジャイアンツのブランコ

ワールドシリーズ第2戦  ジャイアンツ―ロイヤルズ

(10月22日 カンザスシティー)
 ジャイアンツの1番ブランコが先頭打者本塁打を放った。フルカウントからの8球目、甘い約158キロを振り抜くと、打球は右翼フェンスを越えた。

 ロイヤルズの先発ベンチュラは160キロ近い速球が武器。真っすぐで押してきた相手に、思い切りの良いスイングが勝った。ワールドシリーズでは2007年、レッドソックスのペドロイア以来の先頭弾となった。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月23日のニュース