ジャイアンツ中軸大当たり 10安打7得点

[ 2014年10月23日 05:30 ]

<ロイヤルズ・ジャイアンツ>初回、2ランを放ったペンス(右)はサンドバルに迎えられる(AP)

ワールドシリーズ第1戦 ジャイアンツ7―1ロイヤルズ

(10月21日 カンザスシティー)
 ジャイアンツは中軸が活躍し10安打で7得点。

 1―0の初回2死二塁で2ランを放った5番ペンスは「序盤から自分たちのペースで戦えた」と満足げ。初回に先制適時二塁打、7回にも左前適時打と同じく2打点の4番サンドバルは「これで相手にプレッシャーをかけられる」と先勝の重さを説いた。12年ワールドシリーズMVPで「カンフーパンダ」の異名を持つ巨漢は、自身の持つ球団記録のポストシーズン連続試合出塁を24に伸ばした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月23日のニュース