真中新監督 “初勝利”ならずも「結果的には良かったと思う」

[ 2014年10月23日 19:02 ]

<ドラフト会議>ヤクルト・真中監督(左)の横でガッツポーズの楽天・立花社長
Photo By スポニチ

2014年ドラフト会議 

 ヤクルトの真中満新監督(43)が“初陣”に苦笑いした。1位で済美・安楽を指名したものの、楽天との競合で抽選を外した。ドラフト会議前には心願成就の参拝を行い「引けそうな感じ」と自信を見せていたが、惜しくも思いは届かなかった。

 それでも外れ1位でヤマハ・竹下の交渉権を獲得。社会人トップクラスの左腕だけに「結果的には良かったと思う。背が高いし、球にも力がありそう。中継ぎでも先発でも、チーム(の事情)に合ったところで使えれば」と期待していた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月23日のニュース