西武1位 高橋「球界を引っ張る投手に」

[ 2014年10月23日 21:09 ]

 西武から1位指名を受けた高橋は「日本球界を引っ張る投手になりたい」とはにかんだ表情で抱負を語った。

 2年生だった昨夏の甲子園大会でチームを初出場優勝に導いた。今夏の甲子園出場は果たせなかったものの、タイで行われたU―18(18歳以下)アジア選手権では日本の準優勝に貢献した。西武の森捕手とは、昨年の国際大会でチームメート。身長188センチの大型右腕は「森選手や楽天の松井裕選手が1年目から活躍していたので自分も頑張りたい」と述べた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月23日のニュース