原監督 東京ドーム特別賞 藤田元司氏以来25年ぶり

[ 2014年10月23日 05:30 ]

賞金ボードを手に笑顔でポーズをとる東京ドームMVP賞の菅野(左)と東京ドーム特別賞の原監督

東京ドームMVP賞

 巨人の原監督は特別賞(副賞300万円)を手にした。現役時代を含め4度目の受賞で、監督としては89年に特別賞を受賞した藤田元司氏以来となった。

 伯父と甥(おい)という関係でもある2人だけで壇上に立つのは「ドラフト指名あいさつの時以来かな」と原監督。「選手たちに、ややプレッシャーをかけて戦わせてしまったという反省はあるが、選手たちが最後まで粘り強く戦った」と振り返り、「原点に戻って強いチームをつくっていきたい」と語った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2014年10月23日のニュース