ヤクルト2位 風張「自分も一角に入り、岩手を盛り上げたい」

[ 2014年10月23日 20:33 ]

 ヤクルト2位の東農大北海道オホーツク、風張は「素直にうれしい気持ちでいっぱい」と笑顔を見せた。

 岩手・伊保内高時代からプロの評価は高かった。右腕からの威力ある直球は北海道網走市で過ごした大学4年間で最速152キロに達した。米大リーグ、カブスの藤川を目標とし「真っすぐを武器に気持ちで戦う投手になりたい」と意気込む。

 最近は西武の菊池や日本ハムの大谷ら岩手出身の選手が活躍。「自分もその一角に入り、岩手を盛り上げたい。自分の存在を励みに頑張ってほしい」と故郷の球児にエールを送った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2014年10月23日のニュース