育成ドラフト 8球団が23選手を指名 最高はソフトバンクの8人

[ 2014年10月23日 22:10 ]

 プロ野球の育成ドラフトが23日に行われ、8球団が計23選手を指名した。ソフトバンクの8人が最多だった。

 育成選手制度は2005年に導入された。公式戦出場は2軍戦に限定され、原則として7月末までは支配下選手枠への登録が可能。指名選手は次の通り。(丸数字は順位)

 ▽ヤクルト(1)中島彰吾投手(福岡大)

 ▽DeNA(1)亀井塔生捕手(京都・日星高)

 ▽中日(1)佐藤雄偉知投手(神奈川・東海大相模高)(2)石垣幸大投手(三重・いなべ総合学園高)(3)藤吉優捕手(熊本・秀岳館高)(4)近藤弘基外野手(名城大)

 ▽広島(1)松浦耕大捕手(MSH医療専門学校)(2)木村聡司内野手(静岡・常葉学園橘高)

 ▽巨人(1)篠原慎平投手(四国アイランドリーグplus香川)(2)川相拓也内野手(桜美林大卒)(3)田中貴也捕手(山梨学院大)(4)高橋慎之介投手(千葉・木更津総合高卒)

 ▽楽天(1)八百板卓丸外野手(福島・聖光学院高)(2)大坂谷啓生内野手(青森中央学院大)

 ▽西武(1)戸川大輔外野手(北海道・北海高)

 ▽ソフトバンク(1)幸山一大外野手(富山第一高)(2)斎藤誠哉投手(静岡・磐田東高)(3)山下亜文投手(石川・小松大谷高)(4)堀内汰門捕手(埼玉・山村国際高)(5)柿木映二投手(福岡・柳川高)(6)金子将太外野手(群馬・大間々高)(7)河野大樹内野手(NOMOベースボールク)(8)中村恵吾投手(BCリーグ富山)

((了)(H)(10)141023 214918

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月23日のニュース