34歳赤田 日本ハム退団 現役続行を希望

[ 2014年10月23日 05:30 ]

日本ハムを退団する赤田

 日本ハムは22日、赤田将吾外野手(34)の退団を発表した。

 98年ドラフト2位で西武に入団。その後、オリックスを経て、13年1月に3対2の大型トレードで日本ハムに移籍した。今季、CSファイナルS第1戦でスタメン出場するも、レギュラーシーズンではプロ入り自己ワーストの8試合の出場にとどまっていた。プロ通算16年で通算打率・255、30本塁打、211打点。赤田は球団を通じて「ファンの皆さまの温かい声援を受け、楽しく野球ができました。今後は現役続行を目指し、準備を進めてまいります」とコメントした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月23日のニュース