オリ瀬戸山球団社長 金子のメジャー志向明かす、帰国後話し合いへ

[ 2014年10月23日 14:09 ]

オリックスの金子

 オリックスの金子千尋投手が22日にメジャー視察のため渡米したことを受け、瀬戸山隆三球団本部長が本人のメジャー志向を明かした。

 「去年の契約更改の席で、メジャーに興味があります、という話は聞いた。あれだけの選手だから、当然のことだと受け取った」と認めた。今回の視察で、金子の選択肢にメジャーがあることは間違い状況となったが、同本部長は「ポスティングの話はしていないし、結論も出ていない。本人には、もう1回、うちで頑張ろうと伝えている」と話し、帰国後に本格的な話し合いを始めることになった。
  
 ただ、金子は今季、国内FA権を取得しており、最高2000万ドル(約21億4000万円)の落札金が見込める入札制度を容認した方が得策との考え方もある。27日からの秋季練習(神戸)には参加予定で、動向がさらに注目を集めそうだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2014年10月23日のニュース