ソフトB先発陣に“かん口令” スタン、大隣も煙幕

[ 2014年10月23日 05:30 ]

練習中に笑顔を見せるスタンリッジ

 ソフトバンクが日本シリーズに向け、日本ハムと最終戦まで戦ったCSファイナルSから1日の休養を挟んで練習を再開。この日、登板日を告げられた先発陣には「かん口令」が敷かれた。

 日本シリーズの予告先発はシリーズ前日に行われる監督会議の申し合わせ事項。両監督の合意があれば実施され、楽天と巨人が戦った昨年は8年ぶりに予告先発で行われた。だが、今年もそうなるとは限らず、首脳陣は念には念を入れた。第1戦の先発が有力視され、昨季まで在籍した古巣と対戦するスタンリッジは「(登板日は)コーチに聞いてほしい」と語るにとどまり、ブルペン投球をしたかについても明かさなかった。第2戦の先発が有力な大隣も「(登板日は)言われてませんよ」とスタンリッジと同様に煙幕を張った。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2014年10月23日のニュース