オリ金子、楽天・嶋ら88選手がFA有資格者に

[ 2014年10月23日 05:30 ]

オリックスの金子

 日本野球機構(NPB)は22日、2014年度のフリーエージェント(FA)有資格者として、88選手を公示した。

 国内FA資格を初取得したのはオリックス・金子千尋投手(30)、ロッテ・成瀬善久投手(29)、楽天・嶋基宏捕手(29)、中日・山井大介投手(36)ら23人で、日本ハム・宮西尚生投手(29)は07年のドラフト会議以降に指名された大学生・社会人が7年で取得できるよう短縮された制度の初適用者となった。FA権を行使するためには、日本シリーズの終了日の翌日から土、日曜日と祝日を除く7日以内に在籍球団に意思を表明する。「FA宣言選手」として公示された翌日から契約交渉が可能となる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月23日のニュース