×

霜降り・せいや「なかなかない成功の仕方」 引退危機だった後輩芸人が東京進出でブレーク

[ 2022年5月23日 16:35 ]

「霜降り明星」せいや
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「霜降り明星」のせいや(29)が、21日深夜放送のABCラジオ「霜降り明星のだましうち!」(土曜深夜1・00)に出演。「どのタイミングで東京進出するか」という芸人の話題で、成功した後輩芸人の名前を挙げた。

 番組では、エルフや見取り図が東京進出で成功した例を挙げながらも、相方の粗品が「俺ら、M-1初年度優勝してなかったら、どうしてたんやろな」とつぶやくと、せいやも「たまに相談されるやん。後輩とか同期ぐらいに。絶対に行った方がいいとは思うけど、俺らも優勝してなかったら行ってない。だから、強くは言えないな。手ぶらで行って成功したわけじゃないから」と本音を明かした。

 見極めるタイミングが難しいのは当然の話。すると、せいやは「蛙亭がすごいよな。大成功。なかなかない成功の仕方。あれはホンマに」と絶賛した。蛙亭は『キングオブコント2019』で準決勝に進出。その後20年4月に拠点を大阪から東京へ移している。粗品も「賞獲る前に行っているからな」と、覚悟を決めての状況にうなった。

 せいやが振り返るには、「(蛙亭からは)ずっと相談されるけど。ホンマ1、2年前なんか“やめるぐらいの感じです”みたいな時期もあったから。絶対にやめたらあかん(と言った)。そしたら大ブレークよ」と、引退危機を迎えた時期もあったものの、巻き返してブレークに成功したという。これには粗品も「東京行くなら、それはありかも。やめる(決断をする)前に東京へ」と話した。

 ただ、せいやが「エルフも良いタイミングで行ったし(東京進出に)マイナスはないような気はするけど。東京にいっぱい兄さんおるし」と後輩に向けて助言すると、粗品は「特に、なにわスワンキーズとか、ダブルヒガシとか、コウテイは行った方がいいんちゃうかな」と、なぜか3組を指名。理由を聞かれた粗品は「(俺が)寂しいから。麻雀したいんです」と暴露した。「オンラインでやれ!」とツッコんだせいやも「俺もフースーヤ早く来てほしいな。2人とも面白いし」と、後輩の名前を挙げていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年5月23日のニュース