×

キンコン梶原“原因不明”の病で精密検査…収録欠席に心配の声多数「お大事に」

[ 2022年5月23日 21:32 ]

「キングコング」の梶原雄太
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「キングコング」の梶原雄太(41)の公式YouTubeチャンネル「カジサックの小部屋」が23日に更新され、梶原が体調不良のため収録を欠席したことが報告された。

 「カジサックの屋根裏部屋」と題して、週1ペースで投稿されているラジオ企画。冒頭で、放送作家の山口トンボ氏が「カジサック(梶原)の方が今いなくてですね。体調のほうが優れなくて」と、欠席を報告した。コンビのYouTube収録を終えたあと、梶原がめまいの症状を訴えたそうで「心配なので、帰ってくださいと。今週はしっかり休んでもらいます」と説明した。

 梶原は4月22日の動画で「1週間くらい前から頭痛がすごくてですね。もともと偏頭痛持ちなんですけど、今回は“ちょっと違うぞ”って感じで。ずっと後頭部の同じ箇所が痛くて、ホンマに怖かってん」と語っていた。そのときにMRI検査を受けたが、特に異常はなかったという。

 しかし、それからも頭痛はおさまることはなく、5月10日の動画でも「まだ続いていて…かれこれ1カ月ね。きょうなんて痛すぎて起き上がれなくて。動いたらガイーンって痛くて、それが3日に1度くらい襲ってくるのよ。だから精密検査に行こうかなと思って」と、話していた。

 コメント欄では「ゆっくりお休みして下さい」「カジサックさんご家族の為に無理をしないで下さい。お大事にしてくださいね」「ストレスですね。頑張りすぎていたかな~」「健康診断の結果が心配です」「でもそういう時のチームに温かい気持ちになりました」と、梶原を心配する投稿が多く寄せられていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年5月23日のニュース