渡辺美奈代長男、合コン番組で同級生とカップルに 礼儀正しさにヒロミ「美奈代にちゃんと育てられてる」

[ 2021年3月5日 12:40 ]

矢島愛弥
Photo By スポニチ

 元おニャン子クラブ・渡辺美奈代の長男でタレントの矢島愛弥(23)が4日放送のABEMA「ヒロミ・指原の恋のお世話始めました」(木曜後9・00)に出演。高校の同級生で女優・小松美月(23)と再会し、カップルになった。

 芸能人による“ガチの合コン”を開き、出会いや恋愛をお世話する番組。合コンVTRの様子を別室のスタジオからヒロミ(55)と、指原莉乃(28)がモニタリングした。

 男女4人ずつが自己紹介の際に矢島が「高校の同級生で…覚えてますか?」と小松に聞くと「もちろん!覚えてます」と再会を喜び、そのままツーショットタイムに。高校時代、クラスは一度も一緒になったことがなかったというが、矢島は「すごいうるさかったじゃん。(小松のことは)知ってたけど、大人っぽい感じで話しかけられなくて。きょうは最初わかんなくて、こっち見て目が合ってあっ!と思って。ここだけ同窓会みたいな感じだよね」と苦笑い。小松も「ここで再会するかと思って」と驚きながらも会話が弾んだ。

 誰に対しても礼儀正しく接する矢島を見て、母を知るMCのヒロミは「美奈代にちゃんと育てられてるってことだな」と納得顔。

 合コン後、LINEでお誘いするルールで矢島は「まだまだ話したいなと思いました。ご飯行きましょう」とお誘いしたところ、小松も「こちらこそ!ご飯行きましょう」とOK。カップルが成立した。ヒロミは「同窓会で再会して盛り上がったみたいなもんですからね」と成立を喜んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年3月5日のニュース