テレ東 土曜夜11時台「サタドラ」新設 編成部長「かなり過激で、多方面からご心配いただいている」

[ 2021年3月5日 16:19 ]

テレビ東京
Photo By スポニチ

 テレビ東京は5日、オンライン形式で4月改編説明会を行い、土曜夜11時台に新設される新ドラマ枠「サタドラ」について狙いを明かした。

 同枠のコンセプトは「土曜の夜にちょっとディープなドラマ枠」というもの。同局の大庭竹修編成部長は「土曜の夜に濃い内容のドラマをやってみようということで、サタドラという枠を設定した」と説明。「放送だけでなく、WEBやSNSなどで話題になるような内容を考えています。ツイッターとかで話題になって、見てみたいな思うような、TVerやParabiなどで改めて見てもらえるようなドラマを予定している」とした。

 第1弾として女優の本仮屋ユイカ(33)主演の「私の夫は冷凍庫に眠っている」(土曜後11・25)を放送。ある日、妻(本仮屋)は夫(白洲迅)の暴力に耐えきれず、夫を衝動的に殺してしまう。その後、物置の古い冷蔵庫に入れたはずなのに、翌朝、夫が普通に現れるという、男女の心の内を抉り出す、衝撃のラブ・サスペンスドラマ。大庭竹編成部長は「1本目の内容がかなり過激で、多方面からご心配いただいているような内容になっているのでぜひご注目いただきたい」と期待感をあおった。

 同作の佐々木梢プロデューサーは「この原作を読んだ時に、タイトルはもちろんの事、サスペンス・ミステリー好きの私としては絶対にドラマ化したいと、すぐに企画書を作成しました。今回の作品は、原作の内容にプラスして、監督や脚本家たちと共にオリジナルストーリーを作成し、ドラマオリジナルの展開も加えています。幸せを追い求め、突き進む1人の女性が覚醒していく姿は、とても魅力的で視聴者の方々を飽きさせない展開になっています」とコメントを寄せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年3月5日のニュース