ロバート秋山「僕も不思議…2年前から完全に」 相方も知らなかった1人だけ呼ばれる“秘密の営業”

[ 2021年3月5日 09:26 ]

「ロバート」の秋山竜次
Photo By スポニチ

 「ロバート」の秋山竜次(42)が、コンビ3人ではなく、1人だけ呼ばれるという“秘密の営業”について明かした。

 2日放送のフジテレビ「華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!」(火曜後10・00))で、「相方が知らない事実・本音を告白する」企画に登場したロバート。その中で、秋山が「僕も不思議なんですけど、2年前から完全に僕だけにオファーが来て…」と、相方の馬場裕之(41)、山本博(42)には言っていない営業があることを打ち明けた。

 「梅宮さんの芸を7、8年やっているんですけど」と、俳優の梅宮辰夫さんのお面を使った自身のネタについて語り始めた秋山。中国には、仮面を瞬時に変える「変面」という格式高い伝統芸能があるが、ある時長崎市の中華街にある「長崎孔子廟」から、その「変面」ショーの前座で梅宮さんのお面を変えていく「変梅」をやってほしいとのオファーが届いたそう。

 この日は、「長崎孔子廟」での「変梅」パフォーマンスで会場を盛り上げる様子がVTRで紹介され、スタジオの出演者は爆笑。秋山は「去年(20年)は前座としてやっているんですけど、今年はメーンでやる人が足をけがしちゃって出られなくなって、マジで俺だけで終わっちゃった」と振り返ってさらに周囲を笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年3月5日のニュース