総務省接待問題、加藤浩次「頻繁に行われているって思ってしまう」犬山紙子も「常習化してるんだなと」

[ 2021年3月5日 10:35 ]

「極楽とんぼ」の加藤浩次
Photo By スポニチ

 総務省の接待問題を巡り、NTTの澤田純社長も同省幹部らと会食していたことが判明。お笑いコンビ、極楽とんぼの加藤浩次(51)が5日、MCを務める日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・00)で、同問題について言及した。

 内閣広報官を辞職した山田真貴子氏や懲戒処分を受けた谷脇康彦総務審議官を含む数人を澤田氏らが高額な接待をしていたと文春オンラインが報じたのに対し、NTTは「会食を行ったことは事実」と認めた上で、日時や金額などの詳細は調査中としている。一方、谷脇氏は4日の参院予算委員会で、澤田氏らと会食した事実を認めた上で、先の国会で違法な接待は受けていないと述べたこととの関係について、虚偽答弁には当たらないとの認識を示した。菅義偉首相は谷脇氏に職務を続けさせるかどうかに関し「今はまだ調査している段階だ」と言及を避けた。総務省は野党合同ヒアリングで、巻口英司国際戦略局長もNTT社長らと会食したと明らかにした。

 加藤は「実際にこうなるとエッて、こういうこと頻繁に行われているって思ってしまう」と自身の受け止めを述べた。

 また、イラストエッセイストの犬山紙子さんは「まじめにやっている方々にもすごい悪い影響がある。総務省の中で常習化してるんだなと。となると調査するのが第三者ではなく本当に総務省でいいのかなっていう疑問が出てくる」と自身の見解を述べた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年3月5日のニュース