浜田雅功の無茶ぶりに「笑い飯」哲夫が奮闘 9日放送「ごぶごぶ」で小手伸也、鈴木伸之をもてなし

[ 2021年3月5日 13:20 ]

MBSテレビ「ごぶごぶ」で共演した(左から)浜田雅功、鈴木伸之、小手伸也
Photo By 提供写真

 MBSテレビ「ごぶごぶ」(火曜後11・56)の9日放送は、劇団EXILEの俳優・鈴木伸之(28)、遅咲きの個性派俳優・小手伸也(47)が登場。ダウンタウン・浜田雅功(57)と、大阪の街を“ブラロケ”する。

 小手、鈴木ともに普段から東京「ルミネtheよしもと」や「なんばグランド花月」を訪れるほど大のお笑い好き。吉本興業本社から、笑い飯・哲夫(46)がリポーターとして登場。大阪でしか見られない特別な「セクシーなネタ」を披露する「ごぶごぶ流R―18グランプリ」を開催する。

 エントリーしたのは3人。昨年の「ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ」で優勝した吉本新喜劇・岡田直子(36)。「THE W」決勝に2度進出したお笑いコンビ・紅しょうがの熊元プロレス(30)。さらに芸歴33年目の吉本新喜劇・島田珠代(50)が登場する。

 その後、浜田が「おい哲夫! NGK行ってよ! 誰かおれへんか?」と無茶ぶりし、哲夫はなんばグランド花月へ。楽屋ロビーにいた浜田と同期のトミーズを見つけ、アポなしで直撃。小手と鈴木は「レアなものを見させていただいた」と大満足だ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年3月5日のニュース