小森純 ペニオク騒動乗り越え人気ネイリストに「ママの仕事これだよって、言えるものが1つほしかった」

[ 2021年3月5日 19:29 ]

タレントの小森純
Photo By スポニチ

 タレント、小森純(35)が5日放送のTBS「爆報!THEフライデー最終回SP」(後7・00)にVTR出演。人気ネイリストとして活躍する日常を公開し、充実の笑顔を浮かべた。

 2000年代、ギャルモデルとして活躍。バラエティー番組でも人気を博すも、2012年「ペニオク騒動」をきっかけにテレビから姿を消した。

 当時について小森は、「ティッシュ配りのお兄さんに『ペニオク持って行けよ』って。基本的に家から出ていなかった。出るのが怖かった」としんみり。仕事もすべてキャンセルとなり、「マネジャーの電話がなりやまなかった。自分が座っていたはずの居場所には違うタレントさんが座っているし…」と振り返った。

 2011年に結婚した元メンズエッグのモデル男性との間に14年に長男、16年に次男を出産した。“どん底の日々”だったが、子どもの存在が“転機”になったという。「子どもたちが未来に向けて頑張っているのに、私が頑張ってなくて何をするのって感じ。ママの仕事これだよって胸を張って言えるものが1つほしかった」と一念発起した。

 専門学校に通いネイルの資格を取得。自らネイルサロンを開き、現在はスタッフ5人とお店を切り盛りしている。指名の客は「月100人くらい」と小森はニッコリ。

 番組内では、夫が「あなたは我々家族にとって誇れる立派なお母さんです。愛してる」と記した感謝状を読み上げる場面も。サプライズ演出に小森は「なに、やめてよ~」と感涙し、「めっちゃいい番組じゃん、想像と違かった」と話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年3月5日のニュース