橋下徹氏 北村晴男氏とは“ビジネス不仲”だった「本当に仲が悪いのは丸山弁護士」

[ 2021年3月5日 16:09 ]

橋下徹氏
Photo By スポニチ

 元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(51)が5日、フジテレビ系「バイキングMORE」(月~金曜前11・55)に生出演し、この日の番組で共演した弁護士の北村晴男氏(64)との“本当の仲”について語った。

 2月26日の放送では、MCの坂上忍(53)から「実は仲いいんですよね?」と問われ、北村氏が「めっちゃ仲悪いです」と返答していた。

 かつて日本テレビ系「行列のできる法律相談所」に出演し、同じ弁護士として意見を戦わせてきた2人だが、坂上は2人の雰囲気から不仲とは思えなかった様子。この日も番組エンディングで「今日、僕スタジオでこうやってお会いして、仲悪いとか言ってたけど、絶対仲いいですよね?」と今一度、北村氏に尋ねた。

 北村氏が「表面的には仲良さそうにして、実は大っ嫌いなんですよ」と笑わせると、橋下氏は「またそういうことを…」とツッコミを入れつつ、「あれは番組上で、僕もいろいろ相談もさせてもらったり、仲いいんです」と“ビジネス不仲”だったことを告白した。

 勢いに乗った橋下氏は、「でも本当に仲が悪いのは、丸山弁護士です。大っ嫌い」と、同じ「行列-」で共演した弁護士の丸山和也氏(75)の名を挙げて笑わせた。「政治家の時に僕のことをワーワー言う。本も出して」と理由を説明し、「あの人は本気で嫌い」と強調した。

 番組が終わりに差し掛かったタイミングでの爆弾発言に、進行役の伊藤利尋アナウンサー(49)は「いない人のことを言わないで…」と事態収拾に必死だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年3月5日のニュース