静岡新聞社・静岡放送が謝罪 社長と女性アナウンサーの不倫疑惑報道「コンプライアンス不十分」

[ 2021年3月5日 10:50 ]

 静岡新聞社と静岡放送は5日、大石剛社長(51)と同局の原田亜弥子アナウンサー(40)が同日発売の写真週刊誌「フライデー」(講談社)でダブル不倫疑惑を報じられた件に関し、公式サイトで謝罪した。「社としてのコンプライアンスへの取り組みが不十分であったことを厳粛に受け止め、今後このようなことが二度と発生しないよう、一丸となって取り組んでまいります」とした。

 「読者、視聴者、聴取者、関係者の皆様へ」と題した発表は以下の通り。

 この度は、写真週刊誌の報道に関しまして、読者、視聴者、聴取者、関係者の皆様に、ご心配やご迷惑をおかけしまして、誠に申し訳ございませんでした。

 社としてのコンプライアンスへの取り組みが不十分であったことを厳粛に受け止め、今後このようなことが二度と発生しないよう、一丸となって取り組んでまいります。

 令和3年3月5日 静岡新聞社・静岡放送

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年3月5日のニュース