第1子妊娠中の八田亜矢子 予定日超え「妊娠11ヶ月」「ひたすら陣痛待ちです」

[ 2020年6月5日 16:50 ]

八田亜矢子
Photo By スポニチ

 タレントの八田亜矢子(35)が4日、自身のブログを更新、出産予定日を超えたことを明かした。

 2月に第1子を妊娠を発表し、「既に安定期に入り、出産は初夏のころを予定しております」と明かしていた八田。この日、「妊娠11ヶ月」のタイトルでブログを更新。「昨日が予定日でしたが ぴのことレオナルドともども 平穏無事?に過ごしています…笑 昨日からは妊娠11ヶ月という数え方になるそうなびっくり」と予定日を超えたことを明かし、「何だそれ!と思うけど 4週ごとに1ヶ月とすると 確かに…11ヶ月だわ…笑」とつづった。

 「今日は健診で このまま陣痛が来なかった場合、来週から入院して促進剤を使っていく説明を受けました 促進剤使っても陣痛につながらなかったりするらしく 数日かかることもあるって…そしたら入院日数も増えるし、ただでさえ高い出産費用が 余計多くかかりそう なんとか来週までに陣痛きて欲しい」とボヤいた。

 それでも「でも出産が遅くなったことで良いことも」とも。「まだ病院のお知らせには出していないけど 今週くらいから?立ち会い出産ができるようになったそう」と新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から中止されていた出産の立ち合いが許可されることを明かし、「夫が思いの外立ち会いにこだわっていて、『緊急事態宣言解除されたら立ち会いできるようになるんじゃないかな?』と先月末くらいからほぼ毎日、病院のHPを見ていたので…今日聞いてみて良かったです」と喜んだ。

 「あと、2週間前の健診で大きそうだった胎児の体重も今日の測定だと3000g前後とのことだったのでホッとしたよ。この2週間で さらに3500gくらいになってるんじゃないかとドキドキしてたからね」と順調なようで、「そんなわけで迎え入れる側の準備はもうOKなのでここからはただひたすら陣痛待ちです」と記した。

 八田は東大医学部健康科学科の同級生で2年下の男性と13年12月24日に約4年の交際を経て結婚している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年6月5日のニュース