「RADWIMPS」7月からの世界ツアー中止 野田洋次郎「苦渋の決断」

[ 2020年6月5日 05:30 ]

「RADWIMPS」の(左から)武田祐介、桑原彰、野田洋次郎(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 ロックバンド「RADWIMPS」が7月から予定していた世界ツアーを中止することを4日、発表した。

 公式サイトで「新型コロナウイルス感染症により先が見えない状況が世界中で続いている中、今夏にファンの皆さまが安全にライブを楽しむことはできないと判断した」と説明。日程を発表していた7月15~25日の米国5公演に加えて、予定していた欧州、アジア公演についても中止。時期を改めて開催を目指し、販売済みのチケットは払い戻しを行う。

 ボーカルの野田洋次郎(34)はツイッターを更新し「苦渋の決断です。再び音楽が鳴らせる世界になりますように」と思いをつづった。バンドは3月にも、京セラドーム大阪(大阪市)で予定していた2日連続公演を延期していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年6月5日のニュース