加藤浩次 生き残るアイドルに持論「何か問題が起こしている子の方が。適当な方がいい」

[ 2020年6月5日 11:33 ]

「極楽とんぼ」の加藤浩次
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(51)が4日放送のMBSラジオ「アッパレやってまーす!」(月~木曜後10・00)に出演。1日に芸能界引退を発表した元AKB48の渡辺麻友さん(26)との思い出を語りつつ、生き残るアイドルについて持論を展開した。

 渡辺さんの人柄について、加藤は「こんなアイドルが、真面目な、しっかりした子がいるんだと思った記憶があるの」「あんないい子いないと思う」とその真面目な人柄を絶賛した。

 そのうえで、「適当な方がこの世界生き残るのよ。俺、思うよ!」と加藤。「アイドルでも何か問題が起こしている子のほうが残っているし、頑張っているじゃん、そっちのほうが…。適当な方がいいんだよ」と芸能界に生き残るアイドルについて持論を展開した。

 番組にレギュラー出演する、指原莉乃(27)プロデュースのアイドルグループ「=LOVE(イコールラブ)」に所属する大谷映美里(22)も同じように「真面目」であると指摘し、「もうちょっと抜いてやってほうがいいよ」とアドバイス。「今の時代、いろいろ言われたりもするけど、深刻に捉えてしまう方も多いと思うけど、そこまで思わずにやったほうがいいのかなって」と訴えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年6月5日のニュース