タモリ 藤井七段に期待「歴史に刻まれる対局 今から楽しみ」

[ 2020年6月5日 05:30 ]

藤井聡太七段 最年少タイトル戦挑戦者に

タモリ
Photo By スポニチ

 【タモリ 藤井七段の快挙を祝福】 2018年のお正月、スポニチさんの企画で将棋の“山崩し”で対戦させていただいた藤井さん。僕と同じ「電車の運転士さんになりたい」という夢を持っていた彼が今、新たな大記録に挑む切符を手にされました。

 あれから2年。当時は15歳の中学生。あの年齢で自分の人生の進路を決め、そこに全くブレがなかったことに圧倒されました。あの時、タイトルへの挑戦について「まだまだ力が足りないと感じています。その上でそこに近づきたい」と話されていたことが、とても印象に残っています。

 謙虚と野心――。相反するように見える、この二つは両立する。テキトーに生きてきたような自分にとっては、この世の中にはそんな人がいるもんだと、この年になって57歳離れた藤井さんから教えてもらいました。

 最強の相手、渡辺棋聖との戦いはまさに「謙虚」と「野心」で挑むこととなるのでしょう。それは、ボクの大好きなラグビーとも通じるところかもしれません。そして「勝機」はそこにある。そんな気がして、歴史に刻まれる対局を今から楽しみにしております。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年6月5日のニュース