加藤浩次“因縁”まゆゆの引退に感慨 ケンカコントも「一生懸命」1週間前にリハ、台本も全部覚えて

[ 2020年6月5日 11:29 ]

「極楽とんぼ」の加藤浩次
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(51)が4日放送のMBSラジオ「アッパレやってまーす!」(月~木曜後10・00)に出演。1日に芸能界引退を発表した元AKB48の渡辺麻友さん(26)とのかつての“因縁”に触れ、知られざる素顔を明かす場面があった。

 加藤は番組冒頭、「今週さ、まゆゆが引退したね…」と寂しそうにポツリ。「俺、仕事してたからさ、『めちゃイケ』で。まゆゆのケンカというパターンがあったわけ、めちゃイケで。(相方の)山本(圭壱)さんがいない時に、大島優子さんが(グループを)離れるとかいう時に、まゆゆと俺がケンカしてるってのがあったから。思い出してね、その当時を。『爆裂お父さん』でまゆゆを回して、まゆゆの顔を蹴った時は(ネットでも批判も)来てたんじゃないかな。フジテレビとかでも殺害予告とかもいっぱい来たみたいだし。1万件ぐらい殺害予告来たって」と自身がレギュラー出演していたフジテレビ「めちゃ×2イケてるッ!」でのまゆゆとの“因縁”に触れた。

 そんな中、「『爆裂』があってさ、そのあとから因縁みたいな形でコントでまゆゆとケンカするとかやっていて。でも、ああいうのって(普通は)リハとかやらないの。想定台本みたいなのがあって、本番前にパンパンパンって合わせるぐらい。でも、まゆゆの場合、しっかりやりたいと、彼女は…」と回顧。引退した「今だから言うけど」と前置きしたうえで、「1週間前にリハ室を取って、2人でリハやったの」と意外な裏話を明かした。

 「引退されて、一般の方になられたけど、その時の事を思い出してさ」と加藤。「(渡辺さんは)想定台本を全部覚えてきてるの。びっくりしたよ、一生懸命(リハーサルも)何回もやってさ。本当真面目に、こんな子いるんだと、思った記憶があるの。それを(オンエアで)何回かやったの、2、3回やったの。そのたびに、リハやるんだから。こんなアイドルが、真面目な、しっかりした子がいるんだと思った記憶があるの」としみじみ。「そういう意味では、ザ・アイドル、裏表が一切ない」と人柄を振り返り、「感慨深いなと思って…」と語った。

 「本当にいい子だったから、そのイメージしかないの。こういったらなんだけど、裏表ある子もいる。(渡辺さんは)本当に変わらなかったから。一生懸命、あんなのやりたくないよ、俺とケンカなんて。それを前の日に想定台本覚えてきたり、現場で合わせて、全部対応してくれて、あんないい子いないと思う。俺、意外にファンだったのかな」と苦笑した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年6月5日のニュース