生田斗真と結婚の清野菜名 運動神経抜群の実力派女優 今日俺、シロクロパンダなど人気作出演

[ 2020年6月5日 18:00 ]

イベントでウェディングドレス姿を披露した清野菜名(16年8月)
Photo By スポニチ

 俳優の生田斗真(35)と女優の清野菜名(25)が5日、結婚したことを所属事務所を通じて発表した。2人は生田が主演したTBSドラマ「ウロボロス~この愛こそ、正義。~」(2015年)で共演していた。

 生田と結婚した清野は1994年10月14日、愛知県生まれの25歳で、実力派女優として活躍中。07年にファッション雑誌「ピチレモン」の専属モデルとしてデビュー。14年の映画「TOKYO TRIBE」で園子温監督からヒロインに起用され、名前が広く知れ渡った。中学時代に走り高跳びで全国大会に出場するなど運動神経抜群で、アクションから恋愛ものまでこなす幅広い演技が評価を得ている。

 15年に「LOVE理論」(テレビ東京)で初めて連続ドラマのヒロインに抜てきされ、同年「東京無国籍少女」で映画初主演を果たした。16年、「呪怨」シリーズで知られる清水崇監督がメガホンがとった「雨女」でホラー映画に初挑戦した。

 その後も「コウノドリ」(TBS)「トットちゃん!」(テレビ朝日)「やすらぎの郷」(テレビ朝日)などの人気作品や、18年NHK連続テレビ小説「半分、青い。」、「今日から俺は!!」(日本テレビ)に出演。今年1月の「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」(日本テレビ)では横浜流星(23)とW主演を務めた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年6月5日のニュース