杏 女優としての“本音”を吐露「現場とか戻ったら泣いちゃうんじゃないかな」

[ 2020年6月5日 12:48 ]

女優の杏
Photo By スポニチ

 女優の杏(34)が4日放送の日本テレビ「news zero」(月~木曜後11・00、金曜後11・30)にリモート出演。新型コロナウイルスの影響による外出自粛生活に公開した弾き語り動画や、女優としての現在の心境などについて語った。

 番組メーンキャスターの有働由美子キャスター(51)から、ギター弾き語り動画について聞かれると、杏は「最初、友人間で共有するために“こんな歌を最近歌ってるだよね”“すごく最近響くんだよね”っていうのでシェアしてたのがきっかけ」と明かし、「私たちは今どうするべきなのかとか、家にいることが誰かを守るになる。命が大事だよねとか。これ出した方がよくないみたいな感じに周りの方々も言って下さって」と公開した経緯を説明。「本当に奇跡的な動画というか、常にあんなに静かじゃなくて、チャイムが鳴れば犬が吠えたりとか、子どもたちがちょっと取り合いしたらワーッと泣いたりとか、遊んで盛り上がって叫んだりとかもあるので、日常の中のすごく静かな時間に取れた動画でした」と話した。

 そして、1番心配していたのが、外に出ざるを得ない人たちの反応だったというが、「逆にそういう所に身を置いているから響いたとか、好意的に見てくださった方もいらっしゃったっていうのがすごく救いでした」と語った。

 最後に、女優の仕事について「表現者としての自分でいられているかどうかとか、表情とか、いわゆるカメラ向きの顔がつくれなくなっちゃうじゃないかとか、やっぱり蓄積の上で出せるものとか、練習だけでなく本番の積み重ねで培われていくものっていうのがどの業種もあると思うので、本番というものがごっそり削られてしまった中で表現する筋肉みたいなものが今どうなっているか不安」と本音を吐露し、「現場とか戻ったら泣いちゃうんじゃないかな」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年6月5日のニュース